JAZZの部屋   

チャーリー・パーカーにジョン・コルトレーンいろいろ聴きまくったけど、今気に入っているのは、LOU DONARDOSONだぴょん。

LOU DONALDSON まず最初の曲BLUES WALK。何度聴いたことか。アドリブまで全部口ずさめます。もちろん、SAXでコピーしました。DONALDSONのAltは心にしみるなあ。AUTUMN NOCTURNEもGood!
LOU DONALDSON 珍しくDONALDSONのVOCALが聴けます。これがなかなかいいんだよねえ。もちろんアップテンポでもがんがんいってますけどね。
LOU DONALDSON DONALDSONめあてに買ったらBENSONのGuitarが気に入ってしまったアルバム。表題曲は、とてもヒットしたらしいけど、ぼくのお気に入りは、5曲めだぴょん。SAXは、ちょっと物足りなかったぴょん。
HANK MOBLEY MOBLEYのアルバムでは、「ディッピン」の次に気に入ってます。この職人的なテナー。このごろの人ではみかけないなあ。
ILLINOIS JACQUET 大ブロー大会。この音。この存在感。これまたJAZZを聴いててよかった。と思わせるアルバムです。それにしてもこの泥臭さ。たまんないねえ。大好き。
GARY THOMAS 一転して。この人モードでぶりぶり吹きまくります。荒削りだけど、音が好き。この人目当てに東京BLUE NOTEにまで聴きに行ったことあったなあ。
STEVE COLEMAN

GREG OSBY

 

すごい音作り。思わずかっこいい。といいたくなります。2本のaltが絡み合います。音もいいねえ。
MICHAEL BRECKER 出ました。大御所。この人の信望者は多いんじゃないかな?息もつかせぬアドリブはさすがです。とても真似できません。フラジオやファズトーンもかっこいいのです。
CHICO FREEMAN この人も好き。1本のsaxで同時に2つの音を出して見せます。このアルバムは、おやじさんとやったもの。コルトレーンのMOMENTS NOTICEがGood!











戻る return                      next